むくみ豆知識|痛い

むくみ豆知識|痛い

朝はなんともなくても、夕方になると足がパンパンに張って、むくみでいたいという経験をしたことのある人は少なくないでしょう。1日の大半は立ち仕事のサービス業の人もそうですし、意外と座りっぱなしの事務職でも、むくみでふくろはぎが痛いというパターンはあります。ですが、やはり立ち仕事をしている人は、ツライ痛みに悩まされがちです。このふくろはぎの痛みも、日常的なものになってくると、なかなか解消は大変になっていきます。

むくみにもレベルがあって、ふくろはぎが痛いくらいだと、体の水分が上手く流れなくなっていて、ふくろはぎに本来流れるべき不要な水分が溜まっている状態です。無駄な水分は流す必要があるので、リンパマッサージをするのは良い方法です。でも、リンパマッサージをしても、根本的改善とはなっていません。マッサージをしてその日は良くても、翌日また立ち仕事に戻れば、足には無駄な水分が溜まっていきます。

リンパ液に老廃物は流れていきますが、その殆どは静脈系へとつながります。ですから体内水分の流れを考えて見れば、静脈の流れをスムーズにすることが、人間のむくみ解消にもつながっていきます。心臓から遠い脚にかんしては、心臓によるポンプ機能は弱めです。でも静脈の流れを良いものにするなら、ふくろはぎにある筋ポンプ作用を使用するのが良い方法です。ふくろはぎというパーツは、別名で第二の心臓と言われています。

溜まったままの姿勢や座りっぱなしの姿勢など、長時間同じ姿勢でいることで、重力はかかりっぱなしになります。心臓に脚に血液を戻していくためにも、力は大きく必要となります。筋肉が順調に収縮するので、静脈が圧迫されていって、血液が押し出されることになります。筋肉がゆるむと、静脈が再び流れます。そして、圧迫すると押しだされると行く良い繰り返しで、スムーズに流れることになります。

こういったサイクルがわかれば、ふくろはぎの運動をしてみるのが良いことがわかります。マッサージも良いですし、ふくろはぎにも効果的な運動を取り入れてみましょう。立ち仕事をしている人であれば、立ったままできる簡単な運動があります。つま先立ちして、かかとを軽く上げたり下げたりする、お手軽な運動をすることです。こんな簡単なエクササイズですが、こまめに行うことで、かなり脚のむくみ予防にも役立ちますから、やって損はありません。足首付近を動かす動きというのは、大きくふくろはぎが動くのです。

むくみ豆知識|睡眠

睡眠とむくみには密接な関わりがあります。

むくみ豆知識|睡眠

睡眠とむくみには密接な関わりがあります。なぜならリンパの浄化は眠っている間に行われているからです。大切な時間であるため、その時間が不足することによってむくみが生じてしまいます。しっかり眠ることでむくみは解消しやすくなりますので、しっかりと眠れるように工夫をしましょう。
夜更かしをしてテレビを見たり、インターネットをしたり、ゲームなどをしていると体の中のリズムが乱れてしまいます。加えて疲労は増えますので、疲労回復のための時間が短くなったうえに疲労物質が増えますから、当然、体内に残る疲労物資が増えてしまいます。その分、酸素が不足するという状態を招くことになります。体にとって酸素は大切なものですから、それを補うために血液の量が増えることになります。たくさんの血液が循環することになるのですが、処理することができる量というものは限界があります。そのため、体内の循環に乱れがおき、水分が過剰になってむくみが生じます。
体が対応できることには限界がありますので、しっかり眠ってむくみが生じることを予防したり、解消するための手助けをする必要があります。しっかり眠ることでホルモンバランスや自律神経のバランスも整いますので、体内の循環もスムーズになり、リンパの流れや血液の流れも良くなります。循環がよくなれば、水分が体内で滞り、むくみが起きてしまうという心配も少なくなります。不要な水分が体外にスムーズに排出されれば、むくみも解消していきます。
むくみの解消のためには、十分な時間、質のよい眠りを得ることが効果的です。
どのくらい眠れば良いかというと、リンパが浄化されるのに6時間から7時間はかかりますので、6時間以上、睡眠時間を確保するのが望ましいです。仕事で忙しいときなどは仕方ないですが、なるべく眠るようにしましょう。夜更かしも避けることが大切です。就寝前にはリラックスしたほうが質のよい眠りが得やすいですし、夜更かしすると眠る時間も短くなってしまうからです。いつまでもテレビを見たり、パソコンや携帯電話を触ったりするのはやめて眠るようにしましょう。

むくみ豆知識|運動不足

就寝前はリラックスしたほうが良いですから、リラックスできる時間を作ると良いです。アロマテラピーやマッサージ、入浴などリラックスできる習慣を取り入れましょう。入浴は床に入る二時間程度前に済ませておくと良いです。直前に入るとかえって寝付きにくくなります。またお湯の温度も大切です。ぬるめのほうが眠りやすくなります。アルコールはかえって眠りの質を下げてしまいますので控えるほうがよいです。

Comments are closed.